会社の種類

会社の種類

新会社法施行後に、設立できる会社の種類は株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の4種類です。
会社法は有限会社の新設を廃止し、新たに合同会社の新設を認めています。
また、資本金1円から、かつ最低限1人からでも株式会社を設立できるようになりました。
大半の方が、株式会社か合同会社を選択されるかと思います。以下それぞれの組織の特徴をまとめてみました。

 

 

株式会社

株式会社とは、株主の責任が出資額を限度とする有限責任社員のみから成り立っている会社をいいます。つまり、すでに出資した限度でのみ責任を負います。従来は中~大規模な会社は株式会社を、小規模な会社は有限会社を選ぶ傾向がありましたが、会社法では有限会社も株式会社に統一されました。

 

 

合同会社

合同会社とは米国のLLC(Limited Liability Company)をモデルにし、日本版LLCとも呼ばれています。出資者全員が既に出資した出資額を限度とした有限責任のみを負います。株式会社同様に、出資者全員が有限責任社員ですが、内部関係については、株式会社と異なり、民法上の組合と同様の規律が適用されます。また合同会社は会社の定款を自由に決めることができるので、比較的少人数での起業などに向いています。定款の認証が不要なため、設立費用が株式会社よりもかかりません。

 

 

合名会社

合名会社とは、会社債権者に対して直接かつ連帯無限の責任を負う無限責任社員のみからなる会社をいいます。つまり、社員は会社が負債を支払うことができない場合、個人として会社債権者に対して支払いをしなければならないということです。
なお、社員の出資は、金銭その他財産のほか労務・信用の出資も可能です。

 

 

合資会社

合資会社とは、出資額を限度として責任を負う有限責任社員と債権者に対して直接の責任を負う無限責任社員とをもって組織される二元的な会社のことをいいます。少なくとも無限責任社員と有限責任社員がともに1人ずつ存在する必要があります。なお、無限責任社員の出資は、合名会社同様金銭その他財産のほか労務・信用の出資も可能ですが、有限責任社員の出資は、金銭その他の財産に限られます。

 

 

無料相談のお問合わせ・ご予約はこちら

0120-961-799

(明成法務司法書士事務所内)受付時間 9:00~20:00 担当:高橋(たかはし)

予約フォームはこちら

東京都、埼玉県で株式会社・合同会社等の法人設立なら、当センターへお任せください。
商業登記・法人登記の経験豊富な司法書士が無料で会社設立相談にのらせていただきます。創業時の助成金や税務のこともお気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る