社会保険手続きについて

社会保険手続きについて

社会保険手続きについて

社会保険とは

労災保険と雇用保険(以上を労働保険と称します)、健康保険(含:介護保険)と厚生年金保険(以上を狭義の社会保険と称します)の総称です。
法人である会社を設立したら全ての保険に加入する義務が生じます。

 

労災保険とは

業務上または通勤による被保険者の負傷、疾病、傷害、死亡に対して保健給付が行われます。
労働基準監督署が管轄します。
個々の従業員の資格取得・喪失の手続は不要ですが、最初に「保険関係成立届」の届出が必要です。
年に1回保険料の納付手続が必要です。

 

雇用保険とは

被保険者が失業した場合、雇用の継続が困難となった場合に必要な給付を行います。
ハローワークが管轄します。
個々の従業員の資格取得・喪失の手続が必要です。
年に1回保険料の納付手続が必要です。

 

健康保険(含む:介護保険)とは

被保険者の業務外の傷病、死亡、出産に対して保険給付が行われます。
全国健康保険協会が管轄します。
個々の従業員の資格取得・喪失の手続が必要です。
年に1回標準報酬の届出手続が必要です。

 

厚生年金保険とは

被保険者の老齢、傷害、死亡に対して保険給付が行われます。
日本年金機構が管轄します。
個々の従業員の資格取得・喪失の手続が必要です。
年に1回標準報酬の届出手続が必要です。

 

 

無料相談のお問合わせ・ご予約はこちら

0120-961-799

(明成法務司法書士事務所内)受付時間 9:00~20:00 担当:高橋(たかはし)

予約フォームはこちら

東京都、埼玉県で株式会社・合同会社等の法人設立なら、当センターへお任せください。
商業登記・法人登記の経験豊富な司法書士が無料で会社設立相談にのらせていただきます。創業時の助成金や税務のこともお気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る